WAGAKU

「和」を「楽」しみ 「和」を「学」ぶ

WAGAKU とは、「和」を「楽」しみ「和」を「学」ぶ の意。大衆に馴染みのある現代的手法に、古き良き文化を取り入れた「伝統と革新」のエンターテイメント。

劇団四季出身者など 舞台の第一線で活躍する役者陣が扮する お持て成し役者「WAGAKU」は、 東京湾 御座船安宅丸を本丸に、歌や舞のパフォーマンスを行うのはもちろん、始まりから終わりまで「おもてなし」を行い、特別な時間と空間をお届けします。



◆ 役者(俳優)

日本演劇史の起源は神話まで遡ります。日本神話の有名なお話「天岩戸」において踊ったのが、天宇受売尊(アメノウズメノミコト)。天宇受売尊は、巫女の祖であり、コメディアンの祖であり、俳優の祖とも言われております。そして、歌い 舞い 神や人を慰め楽しませる人を、「わざおぎ」と言い、漢字で書くと「俳優」と表します。

◆キャラクターデザイン

WAGAKUのデザインコンセプトは、鳥居 ⛩や安宅丸でも使用されている「朱色」です。
朱色は、炎、太陽、血の色とされており、魔除けの色とされ 災いを防ぐと共に、生命を表す色であるとされていました。
WAGAKUの歌や舞で、お客様に「生きるエネルギー」を届けたいという願いが込められています。





 
諸行無常の世になれば いつか終わりを迎えよう
咲いて乱れるこの命 なれば燃やそうこの命

熱き鼓動よ大和の魂 皆よ集まれ龍となれ
舞い降りしここに福の神 さぁ皆いくぞ踊れや そーりゃ







◆ WAGAKU のパフォーマンス

皆様の今後の益々の発展を願った「弥栄(いやさか)」をコンセプトとしたパフォーマンス。また、日本演劇史の原点である神話、神道の祭りのスタイルを取り入れています。肌で感じるエネルギー、魂の躍動を感じてください。

「ワッショイ」 和を背負う(語源の一説)
「弥栄(いやさか)」 皆様の今後の益々の発展を願う言葉
「337拍子」 応援するという意味の手拍子、また手拍子は神道において邪気を払う意味が込められている



◆ 安宅丸にいるカエル様

八咫烏(ヤタガラス)や、申(サル)、狐と並び、「カエル」は神の使いとされており、蘇り・交通安全の御利益があるといわれています。海上交通である安宅丸の無事を、カエルが守ってくれています。